親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

今でも切ない気持ちになる曲「若者のすべて」志村正彦さん


【公式】LINEモバイル: TVCM 〜 虹篇 〜

 

どうも。F山 南央です。

 

「最後の花火に今年もなったな」

f:id:hamanori0601:20180727152358p:plain

 

f:id:hamanori0601:20180727152412j:plain



 

と曲が流れてきたとき、

 

思わず「もしかしたら帰って来たのかもしれない」

と思うくらいあり得ないのに衝撃が走りました

あるわけないのにね。

 

 

曲詩から言えば、この曲は季節的にもうちょっと先

(今年はもうちょっとでは終わらないかもしれない)

夏の終わりの情景。

 

「真夏のピークがさった 天気予報士はテレビでそういってた」

と始まる志村正彦さんの作詞作曲の唄。

 

どんなに会いに行きたくても志村さんは、もういない

だから若者のすべてを直接聴くことはできない。

身を削るように曲を作り出し

29才を生きた志村正彦さんのことを

お話します。

 

志村正彦さんの突然の死】

 

 2009年12月23日、フジファブリックのメンバー

ART-schoolのヴォーカル木下理樹さんは、

その年の忘年会を開いています。

その時、志村さんは「1杯しか飲んでいなかった」

ARTの木下理樹さんは後に語っています

そして次の日、12月24日に志村さんが

この世界からいなくなります。

連絡の取れなくなった志村さんの家に

様子を見に来たスタッフによって

パソコンの前で倒れている志村さんが見つけられます

 

 

その後、12月25日にロッキンジャパン

夏フェスのキャンセルの連絡を

事務所側が伝えています。

ということは、志村さんが亡くなるなどとは、

誰も思わない状況での出来事ということになります

 

それから8年。

今なお若い世代にも人気がある志村さんの曲

その中でも若者のすべて

悩む志村さんをデビューに駆り立てた「茜色の夕日」は、

これからもずっとシンガーに唄い継がれていく名作です

 

あの若い女の子から絶大な人気を誇る

菅田将暉さんが、

オルガンを弾きながら言葉にならないほど

号泣しながら唄っていたのも印象にのこります。

 

志村さんの言葉に「もし、君のことが好きという表現を

したいと思ったら、フジファブリックでは、その表現は、

使わない。君のことはきらいじゃないよ。となる」

あります。

 

これが志村さんの物事を表現する時のスタイル。

なので、どうしていなくなってしまったのかを

公表しない、ということもそこからファンの人達が

自分の感性で志村さんのこと

受け止めて欲しいと言っている気がします。

 

【生前の志村さんの姿】

 

志村さんは、ビデオにも映っている姿がありますが、

かなりのヘビースモーカー。

さらにかなりの酒好きです

しかもあの体型からもわかるように

食事もほとんど取らなくても平気という、

体調面では、最悪の生活をしています

f:id:hamanori0601:20180727152352j:plain

 

「途中で食事をすると思い浮かんだメロディが

飛んでしまうから」とか、

「いつも思い浮かんだメロディを記録できるようにしていて、

それをAメロ、Bメロ、Cメロと管理しているんです」

とにかく唄を作る事が生きる全てです。

そうした中、次第に体調も良くない様子がわかります。

 

以前の志村さんは、

どこかかわいらしい女の子のような顔立ちをしていますが、

その前年に出されたMVには

目の周りがクマになってやつれ果てた姿があります。

本来なら体が辛くて寝込んでしまうような状況でも

曲のことだけを考える、そして立ち上がり、

唄をうたい続けていました。。

 

その頃には、志村さんは「睡眠時間も2時間程で生きている」

コメントしており、噂では、

心療内科的なところで、薬を処方してもらっていたともいわれています。

食事を取らず、眠らず、さらに飲酒とたばこで

薬を服用していたからかもしれません。

一部の写真には、

そんなかわいらしい女の子のようなきれいな顔立ちではなく、

何かが間違っていることが

よくわかる写真もあります。

 

f:id:hamanori0601:20180727152327j:plain



【どうしても叶えたかった夢】

 

志村さんは、亡くなる1年前に

地元富士吉田でのコンサートを開催しています。

その時のMCが

「曲を作って音楽を奏でて、

見た目には楽しそうに見えるかもしれない。

けれどそれは、自分の報われるほんの

ごく短い時間のことで、あとはそうじゃない。

ただ、この地域でコンサートをするのであれば、

自分が音楽で身を立て、人

々から支持されるようになってからじゃないと

開催することができなかった。

だからSOLD OUTになったことと

自分が辛くてもやってきたことが報われたのは、この一瞬だ」といい

最後に「茜色の夕日」を唄って終わります。

 

途中から感極まった志村さんの声は声にはならなかったけれど、

どれだけミュージシャンという仕事の厳しさ、

自分が背負う重圧がひしひしと感じられます。

f:id:hamanori0601:20180727152418j:plain

 

【時が流れると】

 

音楽の世界もファッションと同じく流行があり、

バンドという狭いジャンルでさえもかなりの進化しています。

例えば、電子音やオートチューン、PCでの曲の調整。

もしかしたら自分達が聴いている音楽うものは、

多分に加工されているものなのかもしれません

ただ、それがアーティストの目指すものが、

その姿なのならそれはそれでいい

 

でもフジファブリックのアコースティックで

どこかのノスタルジィを感じるあの雰囲気は、

自分がダメになりそうな時に特に胸に響くものです。

全身全霊で作り上げた若者のすべて

そんなせつない名曲を使ったCMが、

志村さんの思いのままで人々に届くことを願います

キター!!!ワンオクがELLEGARDENのオープニングアクトだ!!!

どうも。F山 南央です。

今、倒れるかと思いました。

おどろき。やりすぎ。すごすぎ細美先生。

 

ずっと気になっていたんです。

ていうか、マジで「誰だー誰だー」と

家でも誰が来るのか興味津々。

f:id:hamanori0601:20180510203309j:plain

勝手に予測していたんですよ。ワンオク

 

この数年で、日本の夏、フェスの夏っていくくらい、

いろんな場所で8月なんて週末ごとにフェスじゃないですか?

f:id:hamanori0601:20180711204530j:plain

だから、そのフェスに噛んでないアーティストは誰だってところから

もしかして「ワンオク」って思ったんですよ。

f:id:hamanori0601:20180711204605j:plain

 

 

でもまさかまさか本当に当たるとはね。こんなすごいことって

フェスレベルですよ。てか、2バンドでお腹いっぱいデス

 

それでですね。

まだ7月18日からの抽選が残っているので、今度はどーしても見たい

ワンオクのファンが来るわけです。抽選なんで当たるかは、別です。

 

あー今から2バンドのセトリとか、もう頭に広がっちゃいます。

こういうことがあるからやっぱり細美先生すげーってなるんです

きっと当日までにいつものようにビシビシ体を鍛えまくって

「おまえらーーーーー」ってくるんでしょうね。

 

 

行ってきました!サザン!ライブビューイング!6月26日の回!

どうも。F山 南央です。

はい。行ってきました。

サザンのライブビューイング

f:id:hamanori0601:20180627204850j:plain

 

誰もが知るサザンオールスターズ

今年でなんと40周年を迎えます。

なので、当たり前ですが、40才より若い人は、

その後におかあさんやおとうさんが

聴いていたなどで

しったのでしょうかね。

言葉の端端に「還暦だから」といっていましたが、

f:id:hamanori0601:20180627204950j:plain

それはそれは

楽しいライブビューイングでした

 

まず、はじめのアナウンス

40周年を凝縮している?とは言い難い

さっくりとしたアナウンスが流れました

でもそれが落ち着きのある丁寧でしっかりとした声なんですね。

となりにいた友人が

有働由美子アナじゃね?」

とこそっと耳打ちしたんです。

本当にピンポーン!正解でした。

 

しかもサザンの前説らしく

f:id:hamanori0601:20180627205401p:plain

「わたくしNHKアナウンサーの有働由美子と申します」

なんて言うんです。

このライブが開催されているのは、

そのNHKホールで。

そんなおとぼけな前説で

観に来た人たちをがっつりと

引き込むその実力はさすがです

それからメンバーが出てきましてワーっとなり

はじまりました。

 

今回のライブは、40周年記念ライブ

結成当日の6月25日と6月26日のたった2日のみ

それをあのせまーいNHKホール

開催するわけですから、

それはもう申し込んでも入れることはほぼありません

あの席が当たった人は、

相当くじ運のいい人なのでこういったチケット争奪戦には

絶対的な力をこれからもだすはずですよ。うらやましい。

さらについでですが、このチケットおひとり様一枚の超超プレミア限定品なんです。

だから、ビューイングに映る人達は、

隣同士は全くの「知らない人」同士。

f:id:hamanori0601:20180627205434j:plain

そこであの盛り上がりを見せるのだから桑田佳祐さん。さすがです。

 

途中にも、桑田節を炸裂しつつ、

ライブビューイングのカメラも意識しつつのライブは、

40年前から聴いている人も若い人も楽しめる

セットリストとなっていました。

「ちょっとエッチなラララのおじさん」は、

会場で7200人(2日間です)と

全国131の映画館でのライブビューイングです。

こっちに来たファンの人達だけでも7万人になる

ということなので、

自分の行ったシネマだけじゃなく、

同じように盛り上がったシネマが

日本全国にあったのかと思うと

なぜか一体感を感じます。ごめんなさい、名古屋は、トラブルで

少し、聴けない部分があったとのことです。でも何か他の対策が

あるようなことを桑田さんがいっていましたから大丈夫です。

 

実際、ライブビューイングでどれくらい盛り上がるのか?

とちょっと気になるところではありましたが、

もう初めから盛り上がりはサイコーです。

一応アナウンスで鑑賞中の注意が先に流れるので

椅子に立ったりする人はさすがにいませんでしたが、

それでも手を叩き、リズムを取りウエーブし、

うなずき、そして時に涙ポロポロです。

 

そのセトリですが

01.茅ヶ崎に背を向けて
02.女呼んでブギ
03.いとしのエリー
04.さよならベイビー
05.せつない胸に風が吹いてた
06.愛の言霊 ~Spiritual Message~
07.SEA SIDE WOMAN BLUES
08.汚れた台所
09.My Foreplay Music
10.私はピアノ
11.闘う戦士たちへ愛を込めて
12.はっぴいえんど
13.真夏の果実
14.太陽は罪な奴
15.涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~
16.栄光の男
17.東京VICTORY
18.ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
19.匂艶 THE NIGHT CLUB
20.HOTEL PACIFIC
21.あの日から何度目の
22.みんなのうた
-アンコール-
23.DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~
24.LOVE AFFAIR ~秘密のデート~
25.ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~

26.勝手にシンドバッド

 

です。今回は「NHKなんで」ということで

一番盛り上がるあの「マンピーの☆スポット」

なかったのがちょっと残念です。

が、そこはやはり「NHKなんで」

ということでしょうね。

 

そしてメンバーの挨拶の時に、

原坊が「私のようなおばさんが

還暦をすぎてもまだやっているのは、私ぐらいですが、

これからも頑張ります!」

という言葉がありました。

f:id:hamanori0601:20180627205629j:plain

 

ということはまだまだこれからもサザンは、走り続けます。

そしてとにかく「桑田さんってすごいな~」

と思ったライブでした。

 

スクリーンの左端に全部の曲の曲詞がでるんですね。

有働由美子アナウンサーがいうには、

デビューした時に他の人達が

「何をいっているのかわからない」

というこういった事情から

字幕がつくバンドとして定着していったとのこと

その曲詩をみていても、

ホテルパシフィックなんかを唄って

踊っていても歌詞がちゃんとしているんです。

その他も社会的な背景が

桑田さんによって

思いっきり風刺をきかせたものに

変わっているんです。サラリーマンでもないのに

このシンパシーはすごい。

 

今、映画で主題歌を担当している「空飛ぶタイヤ」の曲詩は、

働く日本人の悲哀を見事に表現している

f:id:hamanori0601:20180627205558j:plain

 

すごい。

 

それなのに、緩める所は、とことん緩める。

そのメリハリが

才能なんです。

 

今回はアニバーサリーとして

いわゆる「誕生日祭」的なものでしたが、

春からは全国的なツアーが始まるというので、

今回チケットが残念ながら取れなかった人もまだまだ楽しみは待っています。

 

次は、思いっきりサンバでGOGOで踊って盛り上がりましょう。

 

2年ぶりの古希ツアーは熊本から出発 小田和正さんENCORE!ライブレポート!

どうも。F山 南央です。

f:id:hamanori0601:20180613210845j:plain

 

 

 小田和正さんの2年ぶりの全国ツアーが

熊本からスタートしました。

熊本からというは、前回のツアだったーで予定していた熊本

大きな災害に見舞われ、ツアーとしていくことができなくなって

しまったからです。

 

小田さんも東北大学の卒業生として、東日本大震災では、

大学からの要望による東北大学、当時元気のない生徒を

応援するための「応援歌」として何回も学校へ赴き、話しをし、

曲を作った経験もあります。

f:id:hamanori0601:20180613205346j:plain

 

そんな小田さんだから、

どうしても今回のツアーは

「行かれなかった熊本」という

想いから熊本スタート地点となってわけです。

今回のツアーは、今までで最大の42万人を動員するもの。

地元横浜アリーナの公演は4回ほど設定されています。

 

でもその横浜アリーナは、もう少し先。

だからどうしても気になる。

始まっているから見たい。

その想いを持って神戸まで行ってきました。

 

【小田さんは元気だった】

1998年に大好きなゴルフに行くために

車を走らせていた小田さん。

大事故は、その時に起きました。

一人だけの乗車で一人で運転していた小田さんが

発見されたときには、

運転席から後部座席まで飛ばされてしまうという大惨事に。

 

その時に「唄はもうやめよう」と思ったほど。

その気持ちを変えた出来事が東日本大震災です。

親元を離れたい一心で

東北大学に入学した小田さんは、

そこで時に授業をさぼり駅前の映画観へと行くようになります。

そのことで映画への造詣が深くなり、

後に映画も2本自らメガホンを

取る程の映画好きに。

 

2017年のクリスマスの約束では

トライセラトップス和田唱さん

映画の主題歌を唄う企画をしていました。

 

f:id:hamanori0601:20180614185644j:plain

 

f:id:hamanori0601:20180614185712j:plain

そんな「クリスマスの約束」で

今回のツアーが発表されたときには、

とにかく「いかなくては」の気持ちで一杯になりました。

何年かに一度、ツアーに行く度に

「次ってあるのかな」とちょっと

いつも思います。

でもかならず小田さんは、帰って来る。

そういうアーティストです。

 

【コンサートは、とにかく盛沢山】

普通のアーティストさんのライブに行くと、

ほとんどの場合、ステージは、20曲から

25曲くらい。そしてアンコールが1回というのが通常です。

 

それが小田さんのコンサートでは、

見事に30曲になりました。

しかもアンコールが2回

そのアンコールに「さよなら」や

普通にステージのセットリストに入るような曲まで。

 

しかも小田さんのステージは、

アイドルのステージのように会場全体に「花道」が作られています。

なので、どの席にいても必ず小田さんがやってくる設定です。

そして小田さん自身も一曲ごとに

場所を移動して全体に見えるようなこだわりがあります。

 

・会いに行く
・愛の中へ
・こころ
・たしかなこと
・愛の唄
・秋の気配
・小さな風景
・愛を止めないで
・そんなことより幸せになろう
・東京の空
・言葉にできない
・good times & bad times
・Yes-No

御当地紀行

・坂道を上がって
・time can wait
ラブ・ストーリーは突然に
・キラキラ
YES-YES-YES
・さよならは言わない
・生まれ来る子供たちのために
・風と君を待つだけ
・今日もどこかで
アンコール
NEXTのテーマ―僕らがいたー
hello hello
アンコール2
・さよなら
・やさしい夜
・また会える日まで

 

この曲を唄いながらずっと花道を歩きます。

息も切れず、なにかに取りつかれたように唄います。

 

アンコールで

NEXTのテーマ―僕らがいたー

さよなら

など、ファンにとってはとにかくたまらない時間となりました。

 

【小田さんのこだわり】

 

以前にテレビのインタビューで

「原曲キーで唄わなければ意味がない」

と言っていた小田さん。

今回は、原曲キーに加えて、

発売されたときのままのアレンジの最小限に

なっているそのままの曲を披露しています。

なので「さよなら」のあの

途中のギターのソロパートなどもありますし、

ほとんど昔のままで再現した

形となっていました。

それだけでよろこんだファンの人がギターで弾く仕草をしていたり、

みなさんいろいろな思いがあって聴いていたのでしょう。

 

そして小田さんの不思議なところは、

普段のインタビューなどに答える時の声は、

とてもハスキーで低いんです。

それが、いちど曲に声が乗ると

あのようにハイトーンの美しい声に変わります。

 

その原曲のままであの年齢まで保ちながら唄うことは、

密にどれだけの訓練を重ねているか想像に絶します。

それだけ古希になっても唄い続ける覚悟が感じられます。

 

【カポは使わない】

小田さんは、ソロになってからは、

ギターを使うことも多くなっています。

ですが、舞台のそでにたくさんのギターが並べられていて、

カポは使わず、一曲ずつ

チューニングしたギターを使って

演奏するのが特徴です。

 

アーティストさんの多くは、

ステージから離れなるタイミングがなかなかないので

「カポ」というギターにはめる

音程を変えるバンドのようなものを

はめていることが多いのですが、

小田さんは常に一曲ずつきっちりと

音程を合わせたギターに変えます。

 

それもきっと元建築家を目指していた?小田さんのこだわりです。

一ミリでも間違ることはゆるされない建築のように、

音程も正確に合わせたものとなっています。

 

【ご当地紀行】

 

今回は、6月5日の神戸ワールド記念ホールでしたが、

小田さんは、いつものように「御当地紀行」を撮影するために

前々日に神戸入りしていたようです。

というのも、一日目が姫路、二日目が淡路島まで撮影に出かけています。

しかも姫路では姫路城の天守まで、

階段も普通に登れないくらい

大変なところまで上がっていました。

これは体力的にきついな。

と思わずにはいられないほどかなり「歩かされて」いました。

f:id:hamanori0601:20180614185701j:plain

 

ですが、その途中途中で、

誰かにすれ違うと「小田さんですか!」と

声をたくさん掛けられていました。

しかも若い学生さんのご一行にも

「5日に行きます」と言われていることがかなり。

こんな若い世代の人達にも

しっかりと小田さんは、浸透している。

しかもコンサートにも来る。嬉しそうに写真を撮る。

そんな光景を見ていると、

本当に世代を超えて愛されているなあと感じずにはいられません。

あの一瞬、驚き「小田さんですか?」

という人達の気持ちがすごくよくわかります。

きっと一生の記念になったでしょうね。

 

【まとめ】

今回のコンサートは「お客さんが聴きたいと思っている曲をやる」

という小田さんの意向のまま、

とにかく懐かしい曲から聴きたい曲まで盛沢山のコンサートでした。

 

自分が生まれる前からオフコースとして活動し、

バンドとなり、ソロとなった小田さん。

自分の知っている部分は、

ほんの少しの部分かもしれない。

けれど、小学生ながら初めて行った

武道館のコンサートがオフコースだったのも

その小田さん今でも活躍しているのもとにかく奇跡。

 

今活躍しているアーティストがほとんど40代くらいまでだから、

そのまだ先の先まで唄い続けることの厳しさをコンサートに行くと

気づかせてくれます。

 

まだツアーは、続きます。そして横浜アリーナにも行きたい。

気が付いたらずっと今まで聴いているのは、

小田さんの曲です。

 

後半戦も、体に気を付けてがんばってください。

 

 

 

今年のフェスは、旅行気分で長崎スカイジャンボリーへ行く!

どうも。F山 南央です。

関東も梅雨入りして、湿気の多いどんよーりした

毎日になってきました。

 

でもそろそろ夏休みのこと気になるのでは?

何と言っても夏休みは「フェス」のシーズン!

 

ここ数年でめちゃくちゃ増えましたよね。フェス。

しかも2日、3日、4日間なんて言うのもありますから。

 

そこで今回は長崎スカイジャンボリーを紹介します!

 

【フェスは、暑さとごみの格闘技】

 

とにかくフェスは、暑いし人が多い。(当たり前ですが)

で、その中でもやっぱり一番盛大なのは、ロッキンですよね。

でも、すでに電車に乗るところからホームは、人でこぼれそうなほど。

ちらほら小さい子供さんもいますが、本当に注意が必要です。

 

しかもロッキンは、4日間の開催ですから、仮に4日券を

買ったとしたら一人で4万は飛びます。

それでも頑張って複数日券を購入して

キャンプしている人たちもいますが、

本当に暑さに気をつけてください。

 

【そこで長崎スカイジャンボリー

 

そのアーティストがじゃーん。

すごい顔ぶれです今年も。

 

f:id:hamanori0601:20180608205131p:plain

f:id:hamanori0601:20180608205545j:plain

f:id:hamanori0601:20180608205652j:plain

f:id:hamanori0601:20180608205816p:plain

f:id:hamanori0601:20180608205936j:plain

 

長崎に、行ったことがあるとしたらほとんどが

修学旅行か何かではないでしょうか。

f:id:hamanori0601:20180608210010p:plain

そんな長崎の駅の裏手にそびえる稲佐山

スカイジャンボリーは、開催されます。

それが1日だけのフェスになるのですが、

毎年、来るアーティストがなかなかのラインナップなんですよ。

しかも一日券が安い。前売りももちろんありまして7900円です!

これでかなりのアーティストを一日中見ることができる。

それはお得です

www.skyj.jp

 

f:id:hamanori0601:20180608212528p:plain

 

 

【観光ができる!】

どうせ飛行機に乗って行くのだから、今年の夏休みは、

長崎に旅行に出かけるプランで行くことができちゃいます。

市内の観光地はもちろんのこと、

少し郊外に行けば、長崎ハウステンボスもあり、

そして、まだまだ先が気になるマンガ進撃の巨人

映画のロケ地となった軍艦島は、見る価値あります。

 

さらに加えて、長崎のグルメは、かなり不思議。

お土産にできる角煮まんや市内で食べるトルコライスは、

かなり変わっています。それ以外にも本場のちゃんぽん

変わった茶碗蒸しもあります。

 

【いろいろ楽しめるのが長崎スカイジャンボリー

 

今年の夏に、フェスに行こうと思っているのなら、

こんな風にフェス+観光+グルメなんていうのも

きっと楽しいですよ。ぜひおススメします!

 

 

自分的には、まだライブに行ったことがないマイヘアが

みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブチケットは誰のためにある?ELLEGARDENチケットプラチナ化から。

どうも。F山 南央です。

 

f:id:hamanori0601:20180510203309j:plain

6月1日にELLEGARDEN1次オーダー

発表がありました。

 

すでにリアルタイムでは「当たったーー!」

という歓喜の叫びと

「ダメだった」Twitterでのつぶやきが

続々と入り、ほとんどの人が残念で終わって

いきました。

f:id:hamanori0601:20180510202932p:plain

 

そのTwitterの間に次々出てくるのが

転売ヤーで20万になってるぞーー」

というオークションのように上がる金額です。

 

そして最終的には、どこかのチケットセンターで

60万(ペア)にまでなっているといいます。

 

でも一般人が考えると不思議で仕方がないことがあります。

それは、今回のチケットは「スマチケ」、そう自分の持っているスマートフォンのアカウント

チケットを入手する方法なんです。

 

だからどうしてネットで高額なチケットが転売されるのかです。

もしかしたら簡易式のスマートフォンももれなくついてくるのか?

なんてアホすぎることを考えました

 

まあ、2400枚のチケットに対し、72万人の応募者が出たということは、どれだけすごい?

そして72万人が高知県の人口に匹敵するのだと書いてあったのを見て、気絶しそうになりました。

 

普通の選挙の投票率さえ上がらないこの日本でこの熱気は、ハンパないですよ。

どれだけの人が

待って、待って、待って応募したか、

それだけでもドラマです。

 

希望をいわせてもらえば、

一般発売がまだ残っていることに

期待して来月までにスマホを瞬時に

動作できる技を磨いておきましょう。

 

それにしても

f:id:hamanori0601:20180604164442p:plain

転売目的での購入は詐欺、神戸地裁が有罪判決
一般のファンも実質的な被害者と言及

悪質な高額転売の逮捕報道

最近の悪質なネット取引に対する注意喚起

 

というように2016年からなりました。

それまでかなり

規制の弱かったチケットキャンプやヤフオク

アーティストのチケットが買えないようにブロックされるようになりました。

 

かなり厳しいというところでは、

ももいろクローバー

「顔認証システム」の導入です。

あのさいたまでのファン全員に

顔認証をかけるというすさまじい展開に。

 

どのアーティストも規制に乗り出したことで、

転売チケットがなくなりつつあります。

 

そこでですが、自分が何回か

参戦しているMONOEYES

ライブチケット代は、なんと

わずか2600円です。

 

理由は、細美さんが

「お小遣いを少ししかもっていない

高校生なんかにも

ライブに来て欲しいから」というポリシーからです。(かっけー)

 

そしてMONOEYESは、(もちろん他のバンドもです)

そうやって少しでも安くライブにを見に来てもらいために夜通し高速を走らせ、夜にはホテルのバスルームでTシャツを手で洗い、ライブをしてまた終われば次の所へと

車で移動しています。

f:id:hamanori0601:20180518161402j:plain

 

テレビや配信がバカ売れしている

メジャーなアーティストは、

ライブツアーも快適になるよう、

スタッフをたくさん雇っています。

 

ですが、それ以外のライブやフェスで活躍しているバンドでも

ドカーンとあたりでも出ないかぎりは、こんな感じなんですね。

MONOEYESのギターのトディさんも

「自分達は、ぎりぎりの金額でやっている、だから

表にでるヤツも裏方もないんです。みんなが同じように準備するんです」

と言っていました。(かっけー)

f:id:hamanori0601:20180518161926j:plain

確かにDVDを見れば機材を一緒に搬入したり、セッティングもしています。

 

それがホントなのだと痛感したのが、

前回のアジカンとの対バンです。

先にアジカン、その後に機材チェンジ。

 

暗いなかメンバーが普通に出てきて

音合わせやドラムの(一瀬さん)が調整をしていました。

こういうことは、

規模が大きくなるとなかなか見ない光景です。

それをごくごく普通にさらっとやっている細美さんたちが暗闇のなか、始まる前から

感動で一杯になりました。

 

そしてここで疑問がおこります。

例えば、映画の前売り券がありますよね?

あれは名前も、誰と行ってもかまわないもの。

そして野球のチケット。

これは、内野席、外野席など細かく金額が

分かれています。どちらも誰が使ってもいい

オープンなチケットです。

 

それをアーティストでは

当日に具合が悪くなって友達に譲るのもダメということに転売ノーの影響でなってしまいました。そのことも、買った本人以外は、

どんな場合においてもダメという

その理由と、それで行くことができなかった場合

先に手続きをしておくことで

返金などがあってもいいかもしれません。

 

そしていいチケットの人をみて

ラッキーだなあと思う

ドームなどで自分の座席よりはるか前の人たち。

そのアーティストの汗が見える程の距離でも

チケットの金額は同じ。

 

なので個人的な発想ですが、

ライブは収容人数的に

必要ないですが、

大きなホールなどでは、

座席ごとに金額を変えるという

のもできるのでは?と思います。

 

それは高校生が少ないお金だから

後ろの席ということでは

ありません。

例えば高校生なら、

スマチケならその情報を入れるところを

作ることで、安い金額で買うことができ

という発想です。

 

それなら安いチケットだから後ろが

高校生ばかりになるということには

ならないはずです。

 

金額が高くなり過ぎるからノーということを打ち出した。

でもほとんどの一般人には、

その「利ざや」で稼いだ

巨額の資金がどうなるからいけないという意味がわかりません。

 

だからこれだけ転売ノーと言われていても買い続けてしまう。

そこをはっきりとすれば、こういったことは起こらない。

 

そして果たしてこの金額を出して当日入場できなかったら
どうなるうのでしょう。こわいです。