親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

欅坂46 新曲「ガラスを割れ」と平手友梨奈

我が家の家族は乃木坂押し。

そして自分だけ欅押し。

しかも平手友梨奈ちゃん限定。

 

欅坂46の新曲がアップされたから

さっそく動画を見てみた。

紅白歌合戦で傷を負ってしまった

てちちゃんがいる。

彼女の6番目のセンターの曲。

 

でも自分が興味を持ったのは、

結構最近。昨年です。

 

ファンの人は、もちろん見ていたと

思うけどNHK「songs」

セカオワのライブの一人の観覧者というスタイルで

てちちゃんが時々映る番組構成だった。

 

そしてその間にセカオワとてちちゃん

丸テーブルで対談するんです。

 

その時にセカオワ側から

「大人が信じられないんだって?」

と聞かれるんです。

 

そうするとてちちゃんが恥ずかしそうに

「はい、全部嫌いです。」って返すんです。

ちょっと驚きました。あの秋元さんのところで

センターのてちちゃんが、そんなこと言うの?

 

そうしたらセカオワが「闇深そう」みたいなことを

返すんですけど、セカオワもちょっと「闇」ありそう。

 

その時、てちちゃん、多分16才だったかな。

そしてうちの自称受験生は17才。

こんなセンシティブなんだってかなり

辛かったです。

 

で、そんなに聞いてはいなかったけど

サイレントマジョリティ」を動画で見たんです。

普通に聴いていたはずの曲だったのに、

もう誰もいないから、おいおい泣いてしまった。

こんなに切ない曲だったんだ。

 

で、どうしてもあの最後のシーンが頭に残って

六本木まで行きました。

 

それ以来、サイレントマジョリティー」を聞くと

心臓がどきどきするんです。

 

それで1月末の武道館に

どうしても行きたくなって、

てちちゃんを見たくなって、

申し込もうとしたんです。

 

そしたら〇〇カードでの取り扱いです。

てなっているんですね。

「欅坂チケットのエントリーが、カードないから

できない」って言ったんですよ。

 

そしたら、「それ持っているよ」って言うんです。

で「なんで?」って聞いたら

「乃木坂のドーム行きたかったから作った」って

言われました。

どうなってる?大丈夫か?って感じのカオスっぷり。

 

でもてちちゃんがケガしたことで公演なかった。少し休めたかな。

 

それにしても、もしこの公演があって、新曲出してって

そんな忙しいスケジュールってきついです。

紅白の時も3人も倒れて、てちちゃんは、

気力でコラボしてたのおぼえてますよね?

 

もう昨年から調子が悪かったじゃないですか?

夏のフェスの前も倒れましたよね?

 

こんなにタイトなものなんでしょうか。

 

ちょっと違いますが、

前に控室で何かレポートを書いているシーンがあったんですね。

もしかしたら、昼間の高校じゃなくて通信課程を取っている?

かなって思いました。

 

てちちゃん、デビューが中学生の時で、まだ高校1年ですもん。

芸能界以外の世界も必要じゃないですか?

 

しかもてちちゃんって愛知出身でしょ?

名古屋なんて、めちゃくちゃ学歴王国ですよ。

てちちゃん、お兄さんもいますよね。

お兄さんもできるらしいです。

 

自分も学校に行こうって思っても自然です。

 

それで新曲の「ガラスを割れ」ですが、

この時点でもう200万再生って、とてつもないです。

 

だんだん、振り付けが激しくなるのは、

そういうものかもしれない、

(これ、欅坂の歌詞っぽい言い方してみた)

 

でも、

 

てちちゃんと欅坂みたいな

カットが別々になっていると、

難しいですよね。てちちゃんが。

 

しかもてちちゃんの目つきとかが強調されている気が。

 

まだ高校生になった(?)ばかりな、てちちゃん。

その繊細さを逆手に取るようなことはいけない。

 

熱狂的な欅坂のファンの人、勝手なこと言ってすまない。