親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

【Alexandros】スパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス

どうも。F山  南央です。

 

この曲、知ってます?

なんかシンプルな動画の設定だなって、

ちょっと不思議だったんです。

でも、もしかしてアレかな?って

そしたら「あーー!!」

 

~スーパーカリフレジスティック

エくスピアリドーシャス~

 

って。【Alexandros】川上洋平さんの声で。

しかも【Alexandros】バージョン。

 

かなり不思議だったし、曲は全然違うしで、

それでもすごいいい曲になっているんです。

シンプルで、かつ、カッコイイって感じです。

 

もうね。驚きました。

映画好きで、映画の評論のやってて、

時間があれば、あるだけ映画を見に行く。

 

それは、知ってました。有名ですもん

 

でもこんな古い歌をきちんと歌ってくれる

なんて、かなり驚きました。はい。

 

だってこの映画

「メリーポピンズ」って1964年の作品です。

 

しかも、ディズニー初のアニメと実写の合成のフィルム。

 

最近、イギリス王室の

イリアム皇太子とキャサリン妃

お子様たち、ナニーがついたって話が出ましたよね?

 

そんなナニーとして同じようにやってくるのが、

メリーポピンズ。

 

そして、いい子になったら

また傘で飛んで次の家に行く物語。

 

その中で有名な

ミュージカル調の曲があるんですけど、

これもその一つ。

 

聴けばきっと知ってる!って思うかも。

 

この映画「メリーポピンズ」は、

ディズニー映画なんだけど、

白雪姫やシンデレラは知ってても、

これは知らない人って結構いるみたいです。

 

ディズニーランドにもちゃんといますよね?

 

それである日、まだ素直な普通の子供だった頃の

うちの自称受験生

小学校から帰って来て

「メリーポピンズ」

誰も知らないって言うんです。

 

子供って好きな映画のビデオって、

頭おかしくなるくらい見るじゃないですか?

この作品もその1つ。

メリーポピンズが目をつぶるタイミングまで

その当時は分かるほど

家で流れてました。

 

なのに、歌えないんですよね。

この長ーい呪文。

「スパカリ~~」って

なります。

それなのに、この曲を川上洋平さん、

しっかり、一語一語歌ってます。

さすが帰国子女。

 

というか、10才離れたお兄さんが、

日本からビデオを送って来てくれたり、

1年に一回、

日本に帰った時に

下北いってCDとか買い漁ったり。

アメリカンスクールにいたから、

おそらくシリア時代に知った映画でしょう。

 

川上洋平さんが、今になって、

この曲を歌っているということは、

きっとその当時、

子供の頭がおかしくなるんじゃないか

ってくらい毎日見てたんでしょうね。

 

でも、それだけ見る価値は、あります。

だって、1964年って言ったら、

どれだけ昔と思います?

鉄人28号とか、鉄腕アトムの映画やってました。日本は。

そんな時代にこの技術は、

さすがディズニー。

 

それをそのまま歌える

川上洋平さんもすごいし。

子供のワクワクがとまらなくなる

この映画をフューチャーする。

そこもすごい。

 

でも今の中高生は、ちょっと(かなり)つまらないか。

 

この映画は、子供の頃に見るから夢があるんです

ね?ミッキー。「アハ」