親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

茅ケ崎物語DVDが出ます。桑田佳祐さん。

 

f:id:hamanori0601:20180402182004p:plain

 

どうも F山 南央です。

みなさんは、これ知ってますか?

 

一応ね、全国でロードショーしたんです。

茅ケ崎以外は3日間だけの。

しかもシネマで

直接チケットが買えないんです。

ろっぴいでライブの

チケットみたいに買うんです。

 

自分が行ったときには、

もう3日間上映の

1日だけしか残っていませんでした

しかも1日に1上映です。激戦でした。

マジでライブチケット。

 

でもって自分は友達と見に行って、

自分の相手の人は、

新宿も六本木もなく

行かれなかったんですね。

 

というか、茅ケ崎物語ですが、

この映画そのものを知らない人も

いると思います。

 

この映画は、宮治さんという

桑田佳祐さんが

茅ケ崎一中の時に一緒の

部活をしていた人が話を進める映画です。

で、その時に二人が「俺のがレコード持ってる」とかなんとか話をしているんですね。

で音楽の話で意気投合して

今に至る人が掘り下げている

茅ケ崎の話です。

一応文化人類学者で、

もちろん茅ケ崎在住。

言わせてもらえば、話の展開が極端に桑田さん的です。あとは言いませんが、ちょっと。です。

 

で、どうして茅ケ崎からは、

映画監督の小津安二郎さんや

歌手の加山雄三さん、

最近ではサチモスという

一見茅ケ崎市民だったことを

忘れているような

おシャンティなアーティストさん

なんかがでるほど

文化人が多いのかという謎解きの

ドキュメンタリー映画です。

 

まあ、桑田佳祐さんの信者か、

茅ケ崎市民じゃないと

はっきり言って

意味わからないと思います。

でも茅ケ崎を知っている人には、

超絶ローカル気分味わえます。

 

でもやっぱり途中で宮治さんと桑田さんの

高校生の時のドラマになるんですけど、

それがもうとにかく面白いです。

 

 

宮治さんを神木隆之介さんが

f:id:hamanori0601:20180402183741j:plain

 

桑田佳祐さんを野村周平さんで

f:id:hamanori0601:20180402183752j:plain

 

再現しています。それが、

ほんとにおもしろいんですね。

当時、宮治さんは県立鎌倉高校という

(県鎌)って言うんですけど、

そこに通っています。

分かると思います。

よく江ノ電で通るところに

ある学校なので。

 

で、桑田佳祐さんは、

私立の鎌倉学園というところ

なんですね(鎌学)といいます。

こちら、今は共学ですが、

当時は生粋の男子校です。

 

それで女の子にモテたい一心で

やってもいないバンドで

学園祭のデビューを飾ります。

 

そんな感じで青山学院に行って

サザンオールスターズになるわけです。

そしてサザンオールスターズという名前を

付けたのが宮治さんなんです。

 

そのDVDが4月4日に発売になります。

まあ、全体で見て面白いかといえば、

おもしろくないです。

でも途中のドラマと

最後の烏帽子岩の桑田さんの唄を見るなら

それは楽しめます。

 

2000年の茅ケ崎の伝説ライブのように

茅ケ崎市民って、桑田さんのこと、

ずっと待ってるんですよね。

 

f:id:hamanori0601:20180402183807j:plain

 


【桑田桂祐】【茅ヶ崎】烏帽子岩で熱唱 170822

 

やっぱり桑田さんのいない茅ケ崎は考えられません。

 

f:id:hamanori0601:20180402191529j:plain 

映画のおまけでもらいました。