親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

みんなコミュ障 ホラン千秋とキュウソネコカミ「ファントムヴァイブレーション」

どうも。F山 南央です。

 

 

ホラン千秋“キラキラになじめない

大学時代”告白に好感の声

仕事がほとんど無かった高校時代。

 

芸能一本で生きることを諦め、

勉強とバイトにいそしんでいた学生時代。

民放キー局の就職活動も全滅など、

番組ではホランの華やかなイメージとは

かけ離れた経歴を紹介。

 

大学時代はサークルに所属せず、

合コンにも参加せず、

文化祭は門まで行って引き返したという。

授業も最前列の席で受けていた。

 

「あのキラキラになじめない気がして。

新入生歓迎会も、歓迎されたくない。

キャピキャピしているのを斜めに見ていた」

としみじみと語った。

引用:女性自身

 

 

音楽番組のMCなんかも、

今ではバシビシにやっちゃってる

イメージのホラン千秋さん。

そんな彼女でも、いろいろあるんですね。

そう、大学に入った瞬間は、マジで

充実感満載なんですけど、

行って見たら結構な確率で

イメージと違うこと

かなりあります。

 

その彼女の話がキュウソネコカミ

「ファントムヴヴァイブレーション」

めちゃくちゃ合うんです。

 

この曲、とにかく一度聴いてみて欲しいです。

多分、どこかに

自分の共通点を見つけると思います。

 

ヤマサキセイヤさんの作る唄は、

とにかく「あるある」。

まえにヤバイTシャツ屋さん

「ウエイウエイ大学生」あげましたが、

大学生のエンジョイ版ならこちらは、

陰キャラ御用達です。

 

でも全くの陽キャラの人って

そうはいないのでは

と思います。

 

自分はよくライブに行くんですけど、

そのライブハウスは、

大抵それほど大きくない。

 

だからステージに1mでも前に行こうと

必死になる女の子たちいます。

で、ちょっとでも声かけてもらえる

ポジションを狙うんですよ。

 

で、DVDが出た時には、

バッチリ映っているくらいの至近距離を

押さえる子たち。

 

自分からしてみれば、

羨ましいような、

どうでもいいような。

 

ライブは、会場でどれだけ

自分が楽しい気持ちになるかが一番。

といいながら

「自分はチキンだからそんなことできない」

で終わります。

 

だからこの

「ファントムヴァイブレーション」を

もろ、生活に取り入れているわけです。

 

lineニュースが鳴っても 気になる。

グノシーが鳴っても   気になる。

ヤフーニュースでも   気になる。

 

用事もないのにスマホを片手に

気になるって

感じ。わかります。

 

多分、自分の子供が

見ている時間より圧倒的に

多いし、気・に・な・るって感じです。

そしてもはや自分の「臓器」なのです。

 

キュウソネコカミは、

関西学院大学

軽音部で「就職しない組」で

結成されたバンド。

 

関西では、大学のくくりというのが

ありまして、

関、関、同、立といいます。

関西大学

関西学院大学

同志社大学

立命館大学

となるわけです。ここでの偏差値は、

なかなか

結論がでないものですが、

 

間違いないのは、

 

関西学院大学同志社大学は、

学生が「こジャレている」ことです。

ようするに、

親がお金持ちが多いということですかね。

 

その中の関西学院

神戸に近いことがあって、

「さわやか系」お坊ちゃんが多いのが特徴です。

そこでの「なんかおかしい」と思った

ヤマサキセイヤさんは、

なかなかのもの。

 

みんながみんな大学に入って

楽しくて、リア充していると思わない。

そんな他の人に知られたくないような

恥ずかしいと思うようなことを日々感じている。そして、

 ズバッと言ってくれる人がいる。

それだけで、自分も陰キャラだけど、

でもいいんだ。

なんて思います。でもって

いつかこのキャラでも

何かが起こるかもなんて

思うんですね。

 

新入学生は「こんなもんか?」とちょと

感じるかもしれません。そして「自分がここにいるのは

失敗したかな」と思うこともあるかも知れません。

 

自分の友達の中でも、結構友達もそれほどでもなかった、というの多いんです。それを封印して今まで生きている友達もいます

 

そういう時には、割り切って「大学は単位取るところ」

って感じで他のことしてください。

1年生は、忙しいかもしれませんが全体でいうと

スマホする時間もゲームする時間も遊ぶ時間も旅行に行く時間もとにかくできますから。

その中で

何かが見つかるということもありますよ

 

それにしてもiPhone

そっくりスマホが出てくるわ

auそっくりなロゴがでてくるわ、

キュウソネコカミ

MVは、いつもドラマ仕立てでおもしろい。

そして共感してうなずきます。

 

www.youtube.com

 

そかも老舗のビクターが

関西お笑い炸裂しているバンドのMVを

OK出しているかと思うとうける。