親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

ivy to ~ さあ口に出して言ってみましょう。

どうも。F山 南央です。

 

ivy to fraudulent game

アイヴィートウフロウジュレントゲーム

 

はい。言えませんね。

そう。言えないんですよ。

何言ってるの?っていうこの名前、

これバンド名です。

 

最近、動画なんかにぽつぽつと

上がって来るんです。

それで「むむむ?」と

思うのですが、読めない

でもまた何日かするとやってくる。

そんなバンドでした。

 

曲もアップされているのですが、

本人たちのラジオ放送の時の前の

ナチュラルな部分の方が

いいかもしれません。

とにかく曲も曲詩も

繊細なまでに繊細です。

 

しかも曲詩も

もうこのままどっかに

いってしまおう__的なのが

多くて、それでいて残ります。

 

その音のの1つ1つが透明な糸を

たぐりよせているような

本当にひっそりしています。

 

もちろん、ジャンジャンの

ロックテイストもありますが。

 

 

 

それで、ivy to fraudulent game
アイヴィートウフロウジュレントゲーム

の名前は覚えられないけれど、

何十回と聞きました。

 

そのうちに

自分の中で「いいな!」

と思うことが

多くなってきたんです。

毎日音楽を聴いて生活しているから、

自分の好みですけど

その一つが

ivy to fraudulent game
アイヴィートウフロウジュレントゲーム

でした。

 

グループが群馬発

ということで「どんな?」って

ちょっと思っていたんです「すみません」

でもこのバンド

ivy to fraudulent game
アイヴィートウフロウジュレントゲーム

なかなか洗練されています。

 

 

あの閃光ライオットにも出場してますし。

で、ここのキーマンはドラマーです。

その彼が作詞作曲しています。

それで

曲の流れがフォークロアというか、ケルトというか、

民族系のリズムを出します。

それがまた合います。

 

 

そしてはっきり言って曲詩がクライ。

さらに刹那的。どうにかなってしまいそう。

そんなこの先の人生が明るくないのが特徴です。

 

でもなんかひゅうっと入ってきます。

そんな感じの不思議ちゃんバンドです。

 

 


Ivy to Fradulent Game 「革命」 弾き語りver

 


Ivy to Fraudulent Game "革命" MUSIC VIDEO (Full Version)

 


Ivy to Fraudulent Game / 東京 [music video]

 

他のバンドとフェスなんかに出ている姿が

まったく想像つきません。

イメージがあまりに違いすぎます。