親世代にわかる邦楽ロックの一言 blog

親世代に不思議な今どきの邦楽ロックのあれこれ

ライブチケットは誰のためにある?ELLEGARDENチケットプラチナ化から。

どうも。F山 南央です。

 

f:id:hamanori0601:20180510203309j:plain

6月1日にELLEGARDEN1次オーダー

発表がありました。

 

すでにリアルタイムでは「当たったーー!」

という歓喜の叫びと

「ダメだった」Twitterでのつぶやきが

続々と入り、ほとんどの人が残念で終わって

いきました。

f:id:hamanori0601:20180510202932p:plain

 

そのTwitterの間に次々出てくるのが

転売ヤーで20万になってるぞーー」

というオークションのように上がる金額です。

 

そして最終的には、どこかのチケットセンターで

60万(ペア)にまでなっているといいます。

 

でも一般人が考えると不思議で仕方がないことがあります。

それは、今回のチケットは「スマチケ」、そう自分の持っているスマートフォンのアカウント

チケットを入手する方法なんです。

 

だからどうしてネットで高額なチケットが転売されるのかです。

もしかしたら簡易式のスマートフォンももれなくついてくるのか?

なんてアホすぎることを考えました

 

まあ、2400枚のチケットに対し、72万人の応募者が出たということは、どれだけすごい?

そして72万人が高知県の人口に匹敵するのだと書いてあったのを見て、気絶しそうになりました。

 

普通の選挙の投票率さえ上がらないこの日本でこの熱気は、ハンパないですよ。

どれだけの人が

待って、待って、待って応募したか、

それだけでもドラマです。

 

希望をいわせてもらえば、

一般発売がまだ残っていることに

期待して来月までにスマホを瞬時に

動作できる技を磨いておきましょう。

 

それにしても

f:id:hamanori0601:20180604164442p:plain

転売目的での購入は詐欺、神戸地裁が有罪判決
一般のファンも実質的な被害者と言及

悪質な高額転売の逮捕報道

最近の悪質なネット取引に対する注意喚起

 

というように2016年からなりました。

それまでかなり

規制の弱かったチケットキャンプやヤフオク

アーティストのチケットが買えないようにブロックされるようになりました。

 

かなり厳しいというところでは、

ももいろクローバー

「顔認証システム」の導入です。

あのさいたまでのファン全員に

顔認証をかけるというすさまじい展開に。

 

どのアーティストも規制に乗り出したことで、

転売チケットがなくなりつつあります。

 

そこでですが、自分が何回か

参戦しているMONOEYES

ライブチケット代は、なんと

わずか2600円です。

 

理由は、細美さんが

「お小遣いを少ししかもっていない

高校生なんかにも

ライブに来て欲しいから」というポリシーからです。(かっけー)

 

そしてMONOEYESは、(もちろん他のバンドもです)

そうやって少しでも安くライブにを見に来てもらいために夜通し高速を走らせ、夜にはホテルのバスルームでTシャツを手で洗い、ライブをしてまた終われば次の所へと

車で移動しています。

f:id:hamanori0601:20180518161402j:plain

 

テレビや配信がバカ売れしている

メジャーなアーティストは、

ライブツアーも快適になるよう、

スタッフをたくさん雇っています。

 

ですが、それ以外のライブやフェスで活躍しているバンドでも

ドカーンとあたりでも出ないかぎりは、こんな感じなんですね。

MONOEYESのギターのトディさんも

「自分達は、ぎりぎりの金額でやっている、だから

表にでるヤツも裏方もないんです。みんなが同じように準備するんです」

と言っていました。(かっけー)

f:id:hamanori0601:20180518161926j:plain

確かにDVDを見れば機材を一緒に搬入したり、セッティングもしています。

 

それがホントなのだと痛感したのが、

前回のアジカンとの対バンです。

先にアジカン、その後に機材チェンジ。

 

暗いなかメンバーが普通に出てきて

音合わせやドラムの(一瀬さん)が調整をしていました。

こういうことは、

規模が大きくなるとなかなか見ない光景です。

それをごくごく普通にさらっとやっている細美さんたちが暗闇のなか、始まる前から

感動で一杯になりました。

 

そしてここで疑問がおこります。

例えば、映画の前売り券がありますよね?

あれは名前も、誰と行ってもかまわないもの。

そして野球のチケット。

これは、内野席、外野席など細かく金額が

分かれています。どちらも誰が使ってもいい

オープンなチケットです。

 

それをアーティストでは

当日に具合が悪くなって友達に譲るのもダメということに転売ノーの影響でなってしまいました。そのことも、買った本人以外は、

どんな場合においてもダメという

その理由と、それで行くことができなかった場合

先に手続きをしておくことで

返金などがあってもいいかもしれません。

 

そしていいチケットの人をみて

ラッキーだなあと思う

ドームなどで自分の座席よりはるか前の人たち。

そのアーティストの汗が見える程の距離でも

チケットの金額は同じ。

 

なので個人的な発想ですが、

ライブは収容人数的に

必要ないですが、

大きなホールなどでは、

座席ごとに金額を変えるという

のもできるのでは?と思います。

 

それは高校生が少ないお金だから

後ろの席ということでは

ありません。

例えば高校生なら、

スマチケならその情報を入れるところを

作ることで、安い金額で買うことができ

という発想です。

 

それなら安いチケットだから後ろが

高校生ばかりになるということには

ならないはずです。

 

金額が高くなり過ぎるからノーということを打ち出した。

でもほとんどの一般人には、

その「利ざや」で稼いだ

巨額の資金がどうなるからいけないという意味がわかりません。

 

だからこれだけ転売ノーと言われていても買い続けてしまう。

そこをはっきりとすれば、こういったことは起こらない。

 

そして果たしてこの金額を出して当日入場できなかったら
どうなるうのでしょう。こわいです。